活動報告 - 北区スポーツ推進委員協議会


スポーツ推進委員とは?


スポーツ基本法(第32条)で規定され、区長に任命された非常勤職員です。スポーツ実技の指導・助言、スポーツ事業の企画・運営、スポーツ施策推進における地域住民と行政の調整、スポーツ政策の立案・提言などを行います。(任期2年)

東京都北区公式ホームページ

お問い合わせ先


北区地域振興部
スポーツ推進課
スポーツ推進係
03-5390-1134
メール:
mail@sports-kita.com

活動報告

  • キンボールスポーツ講習会

    2017年5月21日(日)
    今年できたばかりの赤羽体育館において、北区スポーツ推進委員主催のキンボールスポーツ講習会を開催しました。

    参加者数は、リーダー講習 25 名・C 級レフェリー講習 21 名(重複者含む)、 アウローラ(キンボールスポーツクラブチーム) 8 名、 北区スポーツ推進委員 18 名で、延べ人数約80名規模の講習会となりました。

    参加して頂いた皆様には、大変お疲れ様でした!

    是非、都内各地で、キンボールスポーツの普及に努めて頂ければ幸いです。

     受け入れ体制を整えつつあるる受付


    根本キンボールスポーツ副委員長と亀滝北区キンボールスポーツ連盟会長


    アウローラからは8名で指導に参加して下さいました。


    ボールに空気の入れ方から丁寧に解説して頂きました。


    その後、みんなでボールの扱い方やたのしく子供たちに指導するためのメニューなどを教えて頂きました。


    正しいボールのセットのフォームも徹底指導


    午後は場所を多目的室に変えて、C級レフェリー講習となりました。


    筆記テストもあり、皆真剣です。


    講義・筆記テスト終了後は、ミニ大会を兼ねてレフェリーの実地テスト。ヘッドレフェリー・アシスタントレフェリーを実際に務めて、終了後は細かくフィードバックして頂きました。

    アウローラ選手による様々なトラップもあり、緊張感の中にも大きな笑いが起こる、ほっこりとしたミニ大会になりました。


    皆さん、実地テストは大変な緊張感だったと思います。


    最後は、クラブチームアウローラによるデモンストレーションゲームと国際A級レフェリーの動きなどを披露して頂きました。


    C級レフェリー講習会の講師であり、国際A級レフェリーの稲垣優さん


  • 新木場・豊洲ハイキング開催

    3月26日(日)当協議会健康ハイキング委員会主催で「新木場・豊洲ハイキング」が開催されました。当日はあいにくの雨により、当初予定されてハイキングルートを一部短縮し、体験施設をメインとするスケジュールとなりました。

    今回は区内の親子を対象に募集し、厳正な抽選の結果、総勢40名の親子に参加していただきました。

    参加者は新木場駅に集合し、その後、「木材・合板博物館」へ向かいました。

    こちらでは木のしおりの作成や合板が作られる過程を体験しながら、木材の大切さを学びました。

    次に向かったのは「がすてなーに ガスの科学館」です。

    ここでは日常生活で何気なく使用している「エネルギー」について実験やクイズなどを通して学ぶことができる体験施設です。

    子供だけでなく、大人もエネルギーについて改めて学ぶ良い機会となりました。

    あいにくの雨天のため、一部スケジュールを変更をいたしましたが

    ウォーキング+体験施設という健康と教養のコラボレーションは新たな試みでしたが大変好評を得ることができました。

    今年度も健康ハイキング委員会は様々な企画を用意しております。

    是非、みなさま奮ってご参加ください。


  • 平成29年1月28日東京都地域スポーツ支援研修

    image

    平成29年1月28日(土)
    高輪区民センターで行われた一般社団法人東京都スポーツ推進委員協議会地域スポーツ支援研修会に参加しました。

    この研修会は、毎年この時期恒例となっていて、区部・市町村部・全域と対象を分けられて3回行われます。

    image

    まずは、東京都オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部 調整課長のご挨拶から始まりました。

    image

    そして、早速メイン講義として、早稲田大学スポーツ科学各術院の原田宗彦教授から『ロンドン・リオのオリ・パラ大会に学ぶ』と題されたお話を聴講しました。

    image

    原田教授は遠めに見ても非常にダンディな印象で、声も非常に甘い先生でした。

    講義内容としては、東京マラソンが始まった時期からスポーツに対する意識やイメージが変わってきて都民のスポーツ実施率が向上してきたこと、スポーツと街づくりの親和性、地方部のスポーツ取り組み成功事例、地域が抱える問題点とスポーツの関係性、スポーツツーリズム、東京オリンピックに向けた提言などなどをお話し頂きました。

    image

    第二部は、『2020年大会以降の地域スポーツを考える』と題して、新宿区、台東区、大田区、杉並区、江東区の各スポーツ推進委員によるトークセッションが行われました。

    北区スポーツ推進委員としては、スポーツを通じて地域振興に関わり、北区民のスポーツ実施率向上に貢献するという使命があります。

    そのためにも、ただ単に各地域の行事をお手伝いするだけではなく、常に自ら学ぶ姿勢を忘れないように努めてまいります。


  • 赤羽体育館内覧会

    2017年1月20日赤羽体育館内覧会に参加しました!

    非常に素晴らしい体育館が北区に完成しました!

    ここで活動するのが楽しみですね。

























  • わくわく岩淵ひろばビーチボールバレー教室

    12/24 9:30〜11:30に今年度4回目のビーチボールバレー教室を実施しました。

    image

    参加児童は1年〜5年の9名と、わくわく指導員2名の計11名です。

    堀内委員の準備体操からスタートしました。

    前半は未経験の児童が1名いたので、経験回数の多い児童と未経験・経験回数の少ない児童と2チームに分かれて練習を開始しました。

    レシーブが思うように上手く行かないようでしたので、あせらず反復練習をしていくことで徐々ではありますがボールを繋げられるようになっていきました。

    後半は経験者チームは3vs3のミニゲームの中で自分の苦手なプレーの確認をして、次はこうしてみたらイイよ〜などと声をかけて3ゲームほど練習をしました。

    未経験チームはプレーがなかなか上手くいかないので飽きてしまいがちになるところ、わくわく指導員と推進委員がゲームに入ってうまく声掛けをしていいプレーを引き出してくれていました。

    image

    最後の20分は全員で4vs4のゲームを、負けたら葛西と一緒にプッシュアップ賭けてしました。罰ゲームが良いか悪いかはさておき、子どもたちにはこういった遊び要素もやる気につながるので結構盛りあがりました。

    来年の2/12に青少年志茂地区委員会主催のビーチボールバレー大会が予定されていますので、次回は大会直前練習ということで、まだ暫定ですが1/25(水)14:00〜16:00を予定しています。


  • 第9回キンボールスポーツKITA-CUP2016

    image

    平成28年11月27日(日)
    滝野川体育館において、第9回キンボールスポーツKITA-CUPを開催しました!



    image

    北区スポーツ推進委員以外からも多くのキンボールスポーツ関係者が率先してお手伝いに参加して下さいました。




    image

    朝8:20に滝野川体育館通用口に集合。

    11月下旬らしい寒さでしたが、皆さん活気に満ち溢れています。



    image

    体育館の開場と当時に荷物を搬入して一度集合。



    image

    ブラッシュアップを繰り返したマニュアルに基づき、自分の役割分担を確認します。



    image

    時間は、朝の8時半を回ったところでした。



    image

    バナーの設置も自分たちの手で行います。



    image

    受付の準備も担当に委員が急ピッチで進めました。



    image

    9回目の開催ともなると、ライン引きもお手のもの。

    主にアウローラの皆さんが担当してくれました。



    image




    image

    バナーも無事に設置完了。



    image

    開会式前に、根本審判長からレフェリーを集めてのルール確認。



    image

    この日は、北区スポーツ推進委員二村会長がお仕事の都合でお休みだったため、矢野副会長が開会の挨拶をしました。



    image




    image

    花川輿惣太北区長もご来賓として臨席を賜り、開会式のご挨拶を頂きました。



    image

    今年の大会進行アナウンスを務めた大垣委員と酒井委員。
    横には、ディレクターとして大会を総括した仲本委員の姿。



    image

    羽田キンボールスポーツ委員長が大会ルール説明を行いました。



    image

    北区立なでしこ小学校なでしこスターズが選手宣誓を立派に務めました!



    image




    image

    開会式が終わったら、すぐに試合開始。
    佐藤広報部長もレフェリーとして大活躍です。



    image

    この日の体育館は非常に寒くて、スコアラーは毛布にくるまりながらのお仕事でした。



    image

    北区滝野川地区出身で、北区の子供たちを指導してくれる今村一輝選手。
    この日はプレーヤーとしてもレフェリーとして大忙し。



    image

    仲本委員も進行管理をしながらレフェリーです。



    image

    この日初めて公式戦のレフェリーを務めた森選手は、ジュニアカテゴリー決勝のヘッドレフェリーも務めました。



    image

    数年前に比べると、ジュニアも非常にレベルが上がっています。



    image

    両手フレンドリーは、北区・品川区・江東区で決勝を争いました。



    image

    チャンピオンカテゴリーは、アウローラチームが3つ巴の戦い。
    非常に迫力がありました。



    image

    チャンピオン決勝ヘッドレフェリーを務めた根本委員。



    image

    同じく、チャンピオン決勝アシスタントレフェリーを務めた稲垣選手。
    国際A級レフェリーライセンスをお持ちです。



    image

    チャンピオンカテゴリーは、カメラも追いつけないほどのスピード感です。



    image

    チャンピオンカテゴリーは、今年初めてブルーカラーを採用しました。



    image

    3位までに入賞したチームは、こんなに素敵な楯がもらえます。



    image

    フレンドリー両手優勝
    TEAM TAKI6 ACEの皆さん



    image

    見事に北区のチームが優勝してくれました!
    滝野川第六小学校は今年で統合になるので、滝六小としての優勝は最高の記念です。



    image

    フレンドリー両手カテゴリー準優勝
    あらかわKC鉄腕ゲッツの皆さん



    image

    フレンドリー両手カテゴリー第三位
    いとうKCフォルテの皆さん



    image

    ジュニアカテゴリー優勝
    マッスルボンバーズSUNの皆さん



    image

    ジュニアカテゴリー準優勝
    あらかわKCクローバーの皆さん



    image

    ジュニアカテゴリー第三位
    あらかわKCドラゴンの皆さん



    image

    フレンドリー片手カテゴリー優勝
    城東SCTeensの皆さん



    image

    フレンドリー片手カテゴリー準優勝
    いとスぺの皆さん



    image

    フレンドリー片手カテゴリー第三位
    ベルーガパンコの皆さん



    image

    そして、チャンピオンカテゴリー優勝
    アウローラAの皆さん



    image

    チャンピオンカテゴリー準優勝
    アウローラBの皆さん



    image

    チャンピオンカテゴリー第三位
    アウローラCの皆さん



    image

    花川輿惣太北区長から滝野川第六小学校のチームに北区長賞が贈られました!



    image

    閉会式には、北区キンボールスポーツ連盟の亀滝会長からもご挨拶を頂きました。



    image

    戦い終わってみんなで記念撮影をするアウローラの皆さん。
    ジュニアの子供たちにとって、憧れの選手たちです。



    image

    最後には、全員で記念撮影をしました。
    ご参加頂きました皆様のお陰で、今年も無事に大会を終了させることができました。

    この場を借りて、改めて厚く御礼を申し上げるとともに、今後も北区スポーツ推進委員、ならびにキンボールスポーツの普及にお力添えを賜れますようにお願い申し上げます。

    報告・文責
    広報委員 鯨井


  • キンボールスポーツ秋期豊島大会

    image
    image

    5月末に行われた春期大会に引き続き、キンボールスポーツ秋期豊島大会にも「しもぉ~ず」として参加しました。

    北区スポーツ推進委員からは、審判協力としてキンボールスポーツ委員会の羽田委員長と根本副委員長が参加されました。

    image

    今回は、ちょうど同じ日に和歌山でジャパンオープンという全国大会が行われていたため。春期大会よりは参加チームが少なめで、チャンピオンクラスの選手はいませんでしたが、その分初級から中級程度のアットホームな交流大会だったと思います。

    image

    13:15より開会式が行われ、選手宣誓を「こざくら倶楽部」の若手女性陣が務めてくれました。

    image

    参加チームも全部で11チームで予選も11試合。11チーム中9チームが準決勝に進めるとあって、私たちも練習不足に鞭を打って走り回りました。

    image

    一緒にチームを組んだ中学生が私たちをカバーしてくれたので「しもぉ~ず」は、予選3試合のうち、単独2位が2回、3位が1回と健闘して、11チーム中7位という順位で準決勝に進みました。

    準決勝では、練習不足は隠しきれず、実力の差が出てしまい、残念な結果でしたが、私もゲームに出ながら3試合ほどレフェリーを務めたので、休む間がなくクタクタでした。

    image

    最後の決勝戦は、「豊島ファイターズ」「杉二キンボールクラブエース」「SKC荏原」の3チームで行われ、非常に接戦の末、「過ぎにキンボールクラブエース」が優勝しました。

    image
    image

    今回の大会は、参加チームも多過ぎず、実力の差も大き過ぎなかったので、適度に楽しめました。時間も早めに終了できて、良い大会だったと思います。

    次はいよいよ、約1ヵ月後に控えた北カップです。

    北区スポーツ推進委員全員で、参加者の方の楽しんで頂ける大会作りを目指します!

    報告・文責
    広報委員 鯨井


  • 義足の魔術師 臼井二美男さん

    image

    去る平成28年10月29日に行われた東京都スポーツ推進委員第2ブロック研修会の基調講演の様子を番外編としてお伝えします。

    ここからは、報告というよりも、私個人の感想になります。

    別投稿で報告した第2ブロック研修会の基調講演におきまして、義肢装具士であり切断者スポーツクラブヘルスエンジェルス代表の臼井二美男さんの講演を拝聴する機会に恵まれました。

    image

    義肢装具士とは、いわゆる義手・義足を作成する職人さんのことです。切断者スポーツクラブヘルスエンジェルスとは、主に義足を装着した方のランニングクラブチームのことです。

    臼井二美男さんの講演の冒頭で、パナソニックから取材を受けた動画が約10分ほど流されました。
    (動画が公開されていますので、こちらをご覧ください→https://www.youtube.com/watch?v=KaoykSV_aMw

    image

    タレントの綾瀬はるかさんがヘルスエンジェルスを訪ねて、一緒に走ったり、みんなで輪になってディスカッションする内容で、もうこの動画だけで心をつかまれてしまいました。

    その後、臼井さんが義肢装具士になるまでの経緯や義肢を製作する現場について、画像を交えてお話頂きました。

    image

    その後、後半には、ヘルスエンジェルスに所属されている方々が10名くらい壇上に上がって下さり、一人一人の自己紹介や実際に義足を着脱するところ、歩いたり走ったりする様子を見せてくれました。(各人の表情が生き生きと素晴らしいこと、すでにメディアに取り上げられている方も数名いることを理由に、あえて顔出しします。何か支障があるときは、後ほど修正・編集致します)

    image
    image

    一人一人のお話を聞く中で、数年前に24時間テレビに出演して平成ジャンプと競争したり、念願だったバーを開店されたりと、健常者よりも活動的に生活されているお話に感銘を受けました。

    image

    なかなか義足の方の生活スタイルを聞く機会はないので、私自身の見聞が広がりました。

    image
    image

    最後には、健常者が義足を体験できる器具を用いて、実際に歩行するデモンストレーションを行いました。男女一人ずつ体験希望者を募ったところ、北区から佐武委員と渡辺委員が手を上げました。

    image

    ヘルスエンジェルスの方々の動きだけ見ていると、あまりにも普通に歩いているように見えますが、実際には気の遠くなるようなリハビリの積み重ねの成果であって、義足をつけてすぐに歩けるわけではないそうです。

    image

    まずは、各関節の可動域を広げたり、義足を扱うだけの筋肉をつけ、体で歩き方・走り方を覚えていって、ようやく少しずつ補助を必要とせずに動けるようになるそうです。

    image

    体験された佐武委員と渡辺委員には、大変お疲れ様でした。

    臼井さんが義足を作成された方が何人もリオデジャネイロパラリンピックに出場されたので、臼井さんもリオにスタッフとして同行されたそうです。

    リオのような舞台で活躍される人が出てくることで、もっと義足を使う方々が理解を得て、市民権を得るようになることは非常に素晴らしいと感じました。

    ヘルスエンジェルスに所属されている方が、平成28年11月6日(日)と13日(日)NHKの19時からEテレで放映している「バリバラ」という番組に出演されるそうです。私もこの番組を見たことがありますが、非常に素晴らしい番組ですので、ぜひ一人でも多くの方に見て頂ければと思います。

    今回も、非常に勉強になった第2ブロック研修会でした。

    報告・文責
    広報委員 鯨井 


  • 第2ブロック研修会

    去る平成28年10月29日(土)、
    荒川のサンパール荒川におきまして、平成28年度東京都スポーツ推進委員広域地区別研修会『第2ブロック研修会』が開催されました。

    第2ブロックとは、
    北区・荒川区・台東区・文京区の4区で構成されている東京都スポーツ推進委員の会議体です。

    この4区が4年に1回ずつ担当区を交代して、毎年広域地区別研修会を開催しています。

    昨年の担当区は北区でしたので、早くもあれから1年以上が経過したことになります。

    今回は、荒川区が担当区として企画運営を行って下さいました。

    以下、当日の様子を報告します。

    まずは、冒頭に主催の荒川区スポーツ推進委員会長より開会のご挨拶を頂きました。

    我が北区スポーツ推進委員の二村会長も壇上にてご紹介に預かりました。

    続いて早速、各区からの活動発表となりました。

    今年の活動報告メインテーマは、『障害者スポーツの普及と支援について』。サブテーマとして「障害者スポーツ普及に向けたスポーツ推進委員の役割」と「各区の障害者スポーツの現状から課題を探る」でした。

    我が北区のスポーツ推進委員会からは、佐藤広報部長がプレゼンテーターの重責を担いました。

    北区としての発表テーマは、「障害者スポーツの普及と支援について」。
    まず、北区で行われた1年間の障害者スポーツイベントなどの取り組み実績を報告しました。

    続いて、北区の障害者の実態と意識調査を報告。身体障害者・知的障害者ともにスポーツに対する意欲が高いというデータを披露し、北区障害者福祉計画要綱の中にも「スポーツ推進委員が北区の障害者スポーツの振興に関わる」ことが明記されている点を報告しました。

    最後には、障害者スポーツ指導者資格の取得している北区スポーツ推進委員は6名いるという現状を報告し、資格取得には平日に連日の講習会を受講しなくてはならず、私たち働き手世代には資格取得のハードルが高いことを問題点として提起しました。

    佐藤広報部長には、資料作成と活動報告プレゼン、大変お疲れ様でした。

    休憩を挟んだ後に、本日のメインイベント、義肢装具士の臼井二美男(うすいふみお)さんによる基調講演が行われました。

    そちらの報告は非常に内容が濃いので、番外編として別投稿でお伝えします。

    報告・文責
    広報委員 鯨井


  • MIRAIフェス  3rd stage

    平成28年10月10日体育の日
    第3回目のMIRAIフェスを開催しました!

    北区教育未来館体育館で、3回目となるMIRAIフェスを開催しました。このイベントは、滝野川地区に新たな総合型スポーツクラブを設立へ向けた機運を盛り上げるためのプレイベントです。

    現在、当協議会が中心となり、総合型地域コニュニティ&スポーツクラブ「コミスポたきのがわ」の設立のため準備委員会を立ち上げています。

    image

    当日は、朝8時に集合して設営開始。


    午前中は北区スポーツ推進委員の研修会を行い、まずは午後13時からバドミントン体験教室を行いました。

    image

    バドミントン体験教室の運営を担当した府川委員が、ラケットの正しい持ち方からしっかりと指導しました。

    自己流でなかなか上達しなかった方も、指導者から正しい動きをほんの少し教わるだけで、技術力が向上してきます。

    image

    日頃は、府川委員から指導を受けている桐ヶ丘中学校バドミントン部の生徒が、約10人くらい指導補助で参加してくれました。

    image

    中学生も初心者に指導することにより、自分たちの勉強にもなったと思います。

    image

    バドミントン経験者の堀内委員が、大人も子供も手取り足取り優しく指導しました。

    image

    小さな子供には、ネットを挟んでシャトルをやり取りすることは難しいのですが、ラケットを使い方を通じてコミュニケーションが深まります。

    image

    府川委員には、お手本を示しながらの運営、大変お疲れ様でした。

    image

    バドミントン体験教室参加者37名、一般の参加者と桐ヶ丘中学校バドミントン部の生徒で記念撮影!

    image

    休憩時間には、北区スポーツ推進委員のスタッフが、『MIRAIカフェ』で癒しのお茶をふるまいました(*^_^*)

    image

    『MIRAIカフェ』という場所があることにより、運営側の委員と参加者との笑顔の交流も自然に生まれます。

    image

    アンケートもたくさん書いて頂き、貴重なご意見をたくさん頂くことができました。

    image

    たくさんの方に、美味しいお茶を飲んで頂けたと思います。

    image

    北区スポーツ推進委員二村会長が陣頭指揮を執って下さいました。

    image

    15時からは、キンボールスポーツ体験教室。

    指導は、全日本レベルの選手を擁する 『Aurora』のメンバーが担当して下さいました。

    image

    キンボールスポーツは、カナダ生まれのニュースポーツで、約122cm・約1㎏のボールを操って、4人で1チームが、3チーム同時に一つのコートで攻防する珍しい競技です。

    image

    まずは、ボールの投げ方や扱い方から教えて頂きました。

    image

    ボールを正しくヒットするフォームも指導して頂きました。

    image

    慣れてきたら、2コートに分かれてミニゲームを体験して頂きました。ゲームを体験することにより、キンボールスポーツの奥深さと面白さを理解して頂けたと思います。

    image

    最後は、 『Aurora』のメンバーにデモンストレーションゲームを行って頂きました。

    全日本レベルの競技者たちの次元が違うキンボールスポーツに、参加者みんな拍手喝采でした。

    image

    ヒットの威力とレシーブの反応が違いました。

    画像で見ても迫力があります!

    image

    最後には、キンボールスポーツ体験教室参加者の皆さんで、「せ~の、オムニキン」の掛け声で笑顔の記念撮影!

    image

    『お陰様で大盛況に終わり、参加者のお一人お一人に大変感謝申し上げます。頂いたアンケートの中で、「心地よいイベントで、一人でも安心して参加することができました」というコメントが非常に印象的で、非常に感激しました。今後も新しい総合型スポーツクラブ設立へ向けて機運を盛り上げて参りたく存じます。引き続き、北区民の皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます』
    北区スポーツ推進委員副会長 大竹より



→以前の活動報告を見る